借金が期日までに返済できない時どうする?

借金がどうしても期日までに返済できない…こんな時、どうする?

時代の流れとともに、キャッシングはより利用者が借りやすくなるように進化してきました。ただ、どんなに簡単に借り入れができるようになっても、返済のシビアさには変わりがありません。借り入れ時にはやすやすと審査を通してくれたキャッシング会社も、ひとたび返済が遅れると、もう優しい態度をとってはくれません。

返済が1日でも遅れると、その日から遅延損害金と言って、通常よりも高い利息が加算されるようになります。法律上、キャッシングの利息は20%までと決められていますが、遅延損害金は罰則的な利息なので、それ以上の利率に設定されていることもしばしばあります。さらにある程度の期間返済が遅れ続けたり、あるいは少しの遅れでも毎月繰り返していると、限度額の減額、カード利用停止というような、より重いペナルティが課されることになります。

さらに長期間の延滞が度重なるようだと、悪質な債務者とみなされ、事故履歴が残ってしまいます。そうなると、その記録は数年間も残り続け、その間は他のキャッシング会社で借り入れをしたり、クレジットカードを作ったりといった行為はできなくなってしまいます。さらに将来的に住宅ローン、カーローンなどの大きな融資を受けようと思っても、審査段階ではじかれてしまう可能性が非常に高くなります。

このように、返済の延滞は大きなリスクを伴う行為です。ですが、どうしても期日までに返済できないということはあるかもしれません。そんな時はどうしたらよいのでしょうか?

期日までに確実に返済ができないと事前にわかっている場合は、必ずキャッシング会社に連絡、相談しましょう。早めに連絡して、返済の目途をきちんと伝えれば、返済日の融通をしてくれることがあります。また、状況によってはその後の返済条件の変更などに応じてくれるかもしれません。

きちんと返済する意思を明確に見せ、誠実な態度で相談すれば、キャッシング会社がそれに応えてくれる可能性は決して低くありません。逆に無断で返済日を遅らしたり、キャッシング会社からの催促を無視し続けてしまうと、印象が非常に悪くなります。そうして、上記のようなその後の融資に差し支える事態になってしまうのです。

もちろん計画通りに返済ができれば、それに越したことはありません。ですが、人生というのは予定通りにいかないこともままあるものです。困ったらまずは相談することが大事なのです。