遅延損害金だけじゃない借金延滞の代償

遅延損害金だけじゃない!?借金延滞の大きすぎる代償とは?

手間や時間をさほどかけることなく、手軽に借り入れのできるキャッシングは非常に便利です。ただ、その便利さゆえに、返済という大事なことに関する意識がおろそかになっている人は少なくありません。もしもキャッシングの返済を延滞すると、何が起こるのでしょうか?

返済が遅れるとまず発生するのが、金銭的なペナルティです。返済期日に1日でも遅れてしまうと、その日から返済するまでは、遅延損害金と言って通常の利息よりも高い利率の利息を支払わなければなりません。さらに、返済延滞が一定期間を超えると、利用限度額の引き下げやカード利用停止といった、より重い罰則措置が取られることもあります。

さらに延滞期間が3ヶ月以上にも及ぶと、話は直接的な金銭面での問題だけでは済まなくなります。キャッシング会社を含め、個人に融資を行うすべての機関は、過去の借入歴などの信用情報を特定の機関を通じて共有しています。延滞や債務整理といった悪質なトラブルとみなされる行為がすると、それは事故としてその期間に記録が残ってしまうのです。事故の内容にもよりますが、そのデータは5年から長ければ10年ほども残り続けることになります。

この信用情報に事故履歴がある人物というのは、いわゆるブラック債務者に当たります。一度ブラックになってしまうと、他のキャッシング会社で借り入れをしたり、クレジットカードを作ったりしようとしてもまず審査には通りません。さらに、将来的に住宅や車をローンを組んで購入しようとしても、ほぼ間違いなく審査ではじかれてしまいます。

うっかりにしろ、故意であるにしろ、返済の延滞は日常生活に、そして将来にも大きな影響を及ぼしかねない危険な行為です。借りたお金は必ず期日通りに返すことを厳守してください。万が一期日に返済ができない時には、必ずキャッシング会社に連絡を入れ、相談しましょう。