お金を借りるなら知っておきたい利子のこと

お金を借りるなら、きちんと知っておきたい利子のこと

キャッシングに限らず、金融機関にお金を借りると必ず、利子と言って手数料のようなものを支払わなければなりません。キャッシングのような手軽に借り入れのできるタイプの融資サービスだと、この利子のことを良くわからないままに借り入れをしている人が意外とたくさんいます。ここでは、お金を借りるなら知っておいてほしい、利子のことをご紹介します。

キャッシングの利率は、銀行のような金融機関と比べると総じて高めに設定されています。利率というのは一般的に、審査の厳しさと深い関係があります。審査の厳しい銀行では金利が低く、反対に審査がどちらかというと甘いキャッシング会社では高くなっているのです。ではなぜこのような相関関係があるのでしょうか?

お金を貸せば必ず生まれるのが『貸し倒れ』というリスクです。個人同士ならともかく、会社がビジネスでお金を貸すのに、返ってこなかったら仕方ない、というわけにはいきませんよね。利子というのは万が一貸したお金が返ってこなかったときの損失を補てんする、いわばリスクヘッジの意味合いを持っているのです。審査が甘い=幅広い層の顧客を持っていると、どうしても貸し倒れの危険性は高くなるので、その分利子も高めになっているというわけです。

店頭やホームページで表示されている利率は、ほとんどが年率ですが、実際の利子は日割りで計算されています。計算する時は、元金の残高に年率を1年の日数で割ったものをかければ算出することができます。日割りということは、毎日利子は加算されていくことになりますから、返済が長引けばそれだけ利子の支払額は大きくなります。少額の分割で返済できるのはキャッシングの大きなメリットの1つですが、利子の面から見ると、実は損をしているということもあるのです。

キャッシングをオトクに利用するt前には、利子について正しい知識を持って置くことがとても大事です。1日、1月で考えれば大したことのない金額かもしれませんが、返済が終わって計算してみると、利子だけで数万円にもなっていることもあるのです。ぜひともしっかりと利子のことを勉強しておいてください。