怖い取立ては法律で禁止されています

借金の取立て!怖い電話が掛かってきたら?

大手の消費者金融業者や銀行から借金をしているのであれば、その返済が滞ったからといって、すぐに厳しい取り立てに合うことはありません。ヤクザ映画やVシネマで見るような、1日中取り立ての電話が鳴り止まなかったり、深夜に玄関の前で騒がれたり、職場に押しかけて来られたりは、法律で厳しく禁止されているからです。ちなみに電話であれば、午前8時から午後9時までと決められています。訪問もその時間帯しか認められていませんので、深夜に電話が掛かってくることなどありえません。

それならば、少々返済が遅れたとしても、大した事では無いのかというと、そうとばかりは言えません。確かに精神的あるいは肉体的な脅しについては、厳しく規制されていますから、それさえ無ければ、どうという事は無いのだと思う方もおられるでしょう。遅延が発生すれば、高額な遅延損害金が課せられますが、それも、結果的に支払いさえすれば問題ありません。遅延が重なってブラックリストに登録され、今後、クレジットカードすら作れなくなったとしても、いつもニコニコ現金払いで生活する分には、何も困りません。強いて言うならば、さらに遅延が長引くことで、民事訴訟となり、裁判所命令にて給料が差し押さえられてしまうと、職場にも借金の状況が知られてしまい、あげくは退職を余儀なくされる場合だってあります。さすがにそれは困った状況ではありますが、もちろんいきなり訴訟というわけではありません。業者にしてみれば、いちいちの小額の貸付に、差し押さえなどの手間も暇も掛けていられないというのが本音です。

とはいえ、借金を放っておいて良いことは何もありません。何らかの事情で支払えない場合でも、怖い取立てなどは一切無いのですから、業者に事情を話して、返済計画の相談に乗ってもらえるようお願いしてみるのがベストだと思います。