借りやすい業者とは借りて欲しい業者

キャッシング審査基準はどこの会社も同じ?!

キャッシングを利用する際に、借りやすい業者とそうでない業者はあるのでしょうか?それは勿論ありますし、借りやすい時期というものもあります。基本的には、どこの審査においても、返済能力の有無を判断されるわけですが、そもそも、十分な収入があり、特に生活に困っていない人は、消費者金融を利用しません。申し込んで来る人のほとんどが、返せるか返せないかギリギリの人、もしくは、今の生活を切り詰めれば返せるだろう人です。なので、全くのノーリスクで貸りて貰えるわけでは無いのです。

貸金業法では、借りることの出来る金額は、年収の3分の1までと決められていますが、50万円以下の借り入れについては、年収の確認書類が不要の所もあります。とりあえず定職があって、これまでに遅延履歴などが無ければ、基本的には貸してもらえます。50万円を越えた借り入れについても、銀行系の業者であれば、収入証明を求めない所もあります。

借りやすい業者の判断ですが、最も簡単な目安は、テレビコマーシャルでしょう。新規参入の業者であったり、銀行系の業者だったり、かなりの頻度でテレビコマーシャルを流している業者が目に付きます。そういう業者は、事業拡大中なわけです。なので、比較的借りやすいと判断できます。特に銀行系の場合は、年収の3分の1を越えての借り入れについても可能で、その為、100万円以下の借り入れであれば、収入証明の提出が不要というメリットがあります。