借金返済延滞でカード停止は解除できる?

借金返済延滞でカード利用停止…これって解除できるんですか?

お金を借りたら返さなければならない、これは当たり前のことです。キャッシングのような手軽に利用できるタイプの融資だと、ついつい借りていることを忘れて返済期日をうっかり過ぎてしまった…なんてことも珍しくありません。ただ、これは非常に危険なことです。どんなに軽い気持ちで借りたものでも借金であることに変わりはありませんし、キャッシング会社は貸したお金が期日通りに返ってくるかどうかと言うことに非常にシビアです。

もしも返済を延滞してしまったらどうなるのでしょうか?まずは、返済期日に1日でも遅れたら遅延損害金というペナルティが発生します。通常の利息よりも高い利率で設定された、罰金的な意味合いを持つもので、日割りで換算されます。さらに一定期間、返済を遅らせてしまうと、利用限度額の減額やカードの利用停止といった、より重い罰則が科されることがあります。

一度カードが利用停止されてしまうと、それを解除するのは簡単なことではありません。まず、その時点で借りている金額をすべて完済しなければならないのはもちろんですが、それが済んだからと言ってすぐにカードが使えるようになるわけではありません。カードの利用停止は最初から期間が決められている場合もありますが、そうでない場合はカード利用を再度申し込まなければならない可能性があります。つまり、もう一度審査を受けることになるのですが、すでに延滞という信用情報に傷をつける行為をしているため、クリアできないことも十分にありえます。

返済の延滞は、度が過ぎれば上記のような直接的なペナルティだけでは済まず、将来的な住宅ローンなどへの影響を及ぼすこともあります。返済日はかならず守り、安全で快適なキャッシング利用を心がけましょう。