借金生活を断ち切る方法はあるか?

借金生活、本当はもうやめたい…すっぱり断ち切る方法はある?

お金に困ったとき、きちんとした収入さえあればすぐにお金が借りられるキャッシングは、非常に頼もしく、便利なサービスです。ただ、その便利さは落とし穴でもあります。手間をかけることなく簡単に借り入れができるので、一度だけのつもりが日常的に利用するようになってしまったり、本当ならば必要ないはずの借り入れをするようになってしまう人は少なくありません。

借りては返すというサイクルを何度も繰り返していると、いつの間にかそれが当たり前になってしまいます。ですが、そんな生活は長続きはしません。どこかで必ず、そのサイクルが崩れてしまう時が来るのです。一度債務整理にまで陥ってしまえば、キャッシングどころか住宅ローンも組めない立場になってしまうかもしれません。そうならないためには、自らその借金生活を脱する必要があります。

とは言っても、いきなり『もう借りない!』とカードを切り刻んだところで、また新たなキャッシング会社に借り入れを申し込むことになるのは目に見えています。その生活から抜け出すために、まずすべきことは、自分の現状を正確に把握し、見直すことです。キャッシングが日常となっている人というのは、それが借金であるという意識が非常に薄い傾向にあります。まずは自分が毎月得ている現金が借金であることを認識し、今いくら借りているのか、毎月いくら返済していて、それがいつ返し終わるのかを知らなければいけません。

また、借りた分の金額が何に使われているのかを知ることも重要です。それがショッピングなのか、ギャンブルなのか、交際費なのかはわかりませんが、必ず何かその借金の使い道になっていることがあるはずです。もしかしたら、借りたお金がそのまま返済に流れて行っていることもあり得ます。それが何であるにせよ、本来であれば使えないはずの用途と金額であることは間違いありません。

上記の2点を正しく把握したら、次は今後の計画を建てましょう。ここでもやみくもに節約して借金を早くなくしてしまおうとするのはNGです。極端な行動は絶対に長続きしません。いかに新たな借り入れを作らず、もともとの収入で生活をし、そして借金を返済していくかということを順序立てて考えなければなりません。

自分一人ですべてを進めるのが難しければ、家族やパートナーの助けを借りるのも良いかもしれません。ゆっくりとでも良いので、着実に借金生活を脱することができるように、今日から始めてみてはいかがでしょうか?